鉛筆

住まいの構造とリフォームの可否

Topics

緑の家

中古物件の購入について

分譲マンションについて少し思う所を書いてみます。実家の住まいは、新潟市の比較的にぎやかな商業地域にある分譲マンションです。6年ほど前に中古の状態で購入しました。建築された…

more

青い家

マンションのメリットについて考える

私にはおじが二人いるのですが、そのおじたちが同じような時期に一人はマンション、一人は一戸建てを購入しました。特に二人で示し合わせたというわけではなく、偶然そうなったのですが、なんとなく家を購入す…

more

黄色い家

引越しでようやく自分の部屋ができた

以前住んでいた集合住宅では部屋数も多くなかったため、誰々の部屋というものはありませんでした。寝る場所も居間や和室に布団を敷いて寝ていました。しかし引っ越した今現在の家は一戸建てなので、よ…

more

赤い家

八尾市の我が家の住み心地のよさ

私は今一戸建ての家に住んでいます。この家にはまだ三年ほどしか住んでいません。それ以前はずっと集合住宅に住んでいたので、私にとっては初めての一戸建てです。私は集合住宅に住んでいるころから一…

more

住まいの構造とリフォームの可否

住んでいた家のリフォームを考えるとき、既存の家屋の構造や工法によってリフォームの自由度は異なってきますので、それぞれの特徴とリフォームに関する注意点を知っておきたいところです。
日本の木造住宅の大部分は、住宅を柱と梁で支える在来工法によって建てられています。在来工法は割合として自由なプランニングが可能なのですが、部屋を広げたり大きな開口部を設けたりするなど家全体のバランスにかかわってくるようなリフォームに関しては柱や梁の補強などが必要になってきます。
ツーバイフォー工法では規格サイズの木材を使って、構造体を支えます。この工法では取り除くことができない壁も各所にありますので、間取りの変更や開口部を取る際には特に工夫が必要となります。
鉄骨ラーメン構造は構造を支える梁や柱などが鉄骨でできている建物を指します。壁面に鉄製の筋交いが入っているため、壁を取り除くようなリフォームの場合には制約が増えます。コンクリート製のラーメン構造では建物を支えているコンクリートの部分を取り除くことはできませんが、それ以外の木軸間仕切り壁を撤去することは可能です。コンクリート製の壁式構造では壁が構造体を支えていますので、壁を生かしてプランを考えていきます。

私は、30代のときに勢いで八尾市に一戸建てを購入しましたが、その住まい方に納得がいかず、40代で住み替えをしてしまいました。前の一戸建てはわずか9年しか住みませんでしたが、購入した時と売却した時の価格差は、2,500万円以上も生じてしまいました。この失敗からたくさんのことを学びました。
一戸建ての住まいというのは、一生のものですので、妥協はできません。しかし、往々にして、資金繰りから、いろいろな部分をあきらめて、資力に応じた家を建てて、住まうのが普通です。その際に、何をあきらめるかですが、たいていは費用、教育、通勤、生活環境、日当たり、治安、交通の至便などの要素のうちから切り捨てていかざるを得ません。私はここで、アメニティを切り捨ててしまいました。アメニティとは、快適性ということで、閑静な生活環境ということになります。できるだけアメニティを求めると、多少不便でも郊外を求めることになりますが、中心部に近いところに求めると交通量、商業地域または工業地帯に隣接など1日中騒音が止まない環境となってしまいます。
慣れますよという一言で、交通量の多いところを選んだところ、9年間慣れることはまったくなく、1日中車の通り抜ける騒音や振動に苦しめられました。住まうにあたって、もっとも重要な選択は、アメニティであることを2,500万円を支払うことにより、学びました。
今現在は、幹線道路より奥まった団地のさらに奥の場所で、緑地に面した場所を求めることができ、毎日を快適に住まうことができて、大変満足しています。


作業時に必要なジャンパーならカメオカが一番です!ジャンパーにも種類があり、団体様や企業様に多くご利用いただいております!ジャンパーの色も種類もたくさんありますので、ぜひ有効に活用しましょう!



Go other site


グッジョブナビは全国各地域の安定した工場の派遣求人があるので工場の派遣で働くならまずはここでチェック!

News