鉛筆

住まいの構造とリフォームの可否

中古物件の購入について

緑の家

分譲マンションについて少し思う所を書いてみます。
実家の住まいは、新潟市の比較的にぎやかな商業地域にある分譲マンションです。
6年ほど前に中古の状態で購入しました。
建築された時期が昭和の後半と言うことで、少し古すぎるのではないかと家族全員が心配しましたが、住んでみて解ったのが、分譲マンションは新しければ良いと言うものではない、と言うこと。
つまりどのように建築された建物か、どのように管理されている建物かが、とても重要です。
そのマンションは外側からでも作りが非常にしっかりとしているのが良く分かるマンションで、なおかつ、管理が大変細やかにされています。
管理状況がどうであるかは、少し年代を過ごした建物でなければ解らない事が多いものです。
既に住んでいる住人の方達に、住みごこちや、これまであったトラブルなどについて聞いてみるのも良いかなと思います。
私たちは、入居の際に大幅なリフォームを行い、内装はほぼ新築同様の状態での入居でした。
中古マンションの購入の際はリフォームを必ずした方が良いと思います。
一軒家と違いマンションは、入居後にリフォームをしようと思っても、その間の住まいを探すことなど、いろいろと大変なものです。
いろいろと心配事も多かったのですが、住んでみれば新築のマンションを購入するよりも、チェックがシビアに出来ますから、ずっと安心だと思いました。

News